川崎さんの横っちょブログ

川崎さんの横っちょブログ

Just another WordPress site

川崎さんの横っちょブログ »  » 子犬の時期がしつけるのには一番いい時だと考えます…。

子犬の時期がしつけるのには一番いい時だと考えます…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

たとえ、犬の噛む行為が愛情の表現としても、人と生活していく以上、噛む行為などは危ない行為なので、きちんとしつけをしなければ無責任です。
高揚して噛む犬をしつける時は、イラつかず、威厳をもって対面することが大切で、感情的になってしつけようと試みても、効き目は皆無でしょうね。
チワワを飼っている人たちのしつけの難点として、「吠え過ぎ」というのがあって、家を出ると、周囲の人たちや犬などに辺り構わず吠えるクセがあって、豹変してしまう犬を見かけます。
基本的に、ただ甘やかしたりしないで、若いうちに必要なしつけをしさえすれば、世間には柴犬くらい飼い主に従う犬はいないかもしれない、と言えるほど命令に従うようです。
愛犬のしつけは、噛む、または吠えるような行動は、どのような理由でそうしているかということを見極めてから、「吠えるのはだめ」「噛むことはいけない」といったしつけを行うことが良いと思います。

トイレトレーニングのしつけで犬に何度か褒美などを与えることが実行できたら、犬に対する賞賛してあげたいという感情が受け入れられているかどうなのか、確認した方が良いです。
的確な手法でしつけることが重要でしょう。ふつう、ミニチュアダックスフンドをしつけようとする時にとても大事なのは、イタズラが好きな性質を、ちゃんと知る努力をすることでしょう。
叱らずにしつけしたいと決めているからと、飛びつきをやめさせようとラブラドールを抱いてしまったり、頭をなでたりすることはだめです。犬が「飛びついたら関心を得られる」と思い違いをするからです。
異常に吠えるなどのトラブルに対処するしつけ方法の1つで、しつけ用グッズを上手く利用して、褒める行為をメインに犬たちのしつけをしてみてください。
通常、チワワはトイレのしつけなどは大して苦労はしません。しかし、デリケートな神経もあるようですから、慣れてくるまではシーツの位置を何回も移動しないようにしてください。

もしも、従順な犬と共にお散歩をしていたら、いろいろと感心されるでしょうし、周囲の人たちに効果あるしつけ法を紹介すれば、質問が殺到して、相談役になるのは間違いないと思います。
子犬の時期がしつけるのには一番いい時だと考えます。人間と同じく、すでに大きくなった成犬よりも、子犬がしつけをしやすいというのは、当たり前だと言えるでしょう。
ふつう、屋内で愛犬を飼うドッグオーナーの方々にとっては、トイレのしつけを済ませることは必要な任務の1つです。新しく子犬を迎え入れる第一日目から、スタートしてみるのが良いでしょう。
飼育に関しては、賞賛してみるのが最も良いです。トイプードルなどは、賢く陽気な犬なので、そんな点を伸ばす方向のしつけ方法が最も良い方法です。
無駄吠えすることをやめた時を見計らって、餌やほめ言葉を与えるべきです。吠えないという行動ともらえる報酬を連結させて、体得してくれるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報